SDGs取組

004_アイデア_eスポーツを活用した賑わい創出事業

  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

概要

 「いきいき茨城ゆめ国体2019」において、国体史上初となるeスポーツ大会「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」が開催され、大変注目を集めた大会となりました。
 また、2021年5月13日から6月23日にかけて、eスポーツタイトルを競技種目とするオリンピックライセンスイベント「Olympic Virtual Series 」を国際オリンピック委員会(IOC)の主催で開催されるなど、世界的にも盛り上がりを見せています。こうした中、本市でもまちの賑わいづくりや活性化を目的にeスポーツを活用できないかと研究会を立ち上げました。
 現在、eスポーツに対する、興味のある民間企業、個人等の情報不足していること、また、eスポーツに対する市民の理解を向上することが課題となっています。
 このため、eスポーツを活用した賑わいづくりについて、官民が協働でどのようなことができるかについての提案をお待ちしています。

実施者

富士市

連絡先

富士市役所総務部企画課SDGs推進室
問い合わせは、行政課題事項問い合わせフォームからお願いします。
なお、問い合わせフォームは別サイトのため、問い合わせする課題事項の項目をご確認の上進んでください。

MENU