推進企業・団体

東洋レヂン株式会社

概要

 東洋レヂン株式会社は、富士市にあるプラスチック成形・着色を行う医療機器・医療部品製造メーカーです。あらゆるプラスチック原料の着色加工をはじめ、樹脂種別を問わないインジェクション成形、ミクロンオーダーによる微細成形、金型加工・設計を得意としています。この成形の技術を応用し、東洋レヂンのオリジナルブランド「SOMANIKS」を立ち上げております。皮膚と神経科学に基づいて開発された痛みを緩和するための医療機器シリーズを展開しております。
 また2019年11月に設立された「富士市CNFプラットフォーム」に参加し活動しています。再生可能な資源を活用することで、脱炭素社会に向け化石燃料依存から脱却し、環境に配慮した循環型社会を目指すべく当社も取り組んでいます。

SDGs取組方針

 東洋レヂン株式会社はSDGs未来都市富士市の実現に賛同し、市内企業のパートナーシップ強化に取り組んでいきます。コロナ禍の中、半導体不足や樹脂部材不足などサプライチェーンが以前のように機能しない世の中になっており、各社部品の奪い合いが既に進行しつつあります。そのような状況に一石を投じるべく、市内企業や賛同者に協力頂きながら、3DPで樹脂部材を製作し提供できる世の中を目指します。

 富士市の認定ブランドにも選定頂いている、当社の3DP用フィラメント(CoreLaneFilament)は3万円台の安価な3DPでも造形が可能です。これを活用し3DPを既に所有頂いている皆様、また今後3DPの導入を検討している皆様と分け合って必要な部材を造形し、提供していく事を目指しています。世界的な大企業の場合、自社で3DPを何百台・何千台と所有し1社での生産が既に進んでおりますが、中小企業の場合それは難しいので、富士市の市内企業でパートナーシップを組んで「分け合って」作ることでサプライチェーンの確保を進める事を考えています。(3万円台の3DPは場所を選ばず持ち運べて、どこでも造形可能です。)

 とは言え、どんな物が3DPで出来るのかわからないような状況だと思いますので、当社で検討したのは「千羽鶴プロジェクト」です。設計データや材料は当社で準備します。当社1社で千羽の鶴を3DPで造形するのは大きな時間が掛かりますので、協力頂ける会社様・団体・個人を募集します。集まった皆様で千羽鶴を作成し、コロナ終息を願い富士市役所様へ寄贈できればと考えております。

 その後も賛同いただける方についてはシステム上でデータベースに登録しておき、3DPによる製造の依頼をかけさせて頂ければと考えております。この流れが出来れば、「300個だけこの樹脂部品が欲しい」という場合、このシステム上に依頼する事で、各社分け合って製造が可能だと考えられます。

 富士市に認定頂いたCNFを活用した環境に良い3DP材料を使用する事で、安価な3DPでも造形出来るので好きな場所で製造が行え、製造業のリモートワーク可能になります。市内企業連携でパートナーシップを確立し、富士市から世界へ製造業の未来を変えていければと考えております。

取組報告

2022年

取組KPI

取組の名称
3DPによる千羽鶴プロジェクトに協力して頂ける企業を集める
取組の説明
 コロナ禍の中、半導体不足や樹脂部材の不足など影響が出てきており、サプライチェーンの確保が急務となっている。当社が開発し、富士市に認定頂いたCNFを活用した環境に良い3DP材料(フィラメント)を使用する事で、安価な3DPでも造形出来るようになってきた。
 これを活用し、市内企業連携でパートナーシップを確立し、「分け合って必要な部品を必要な数造形する」プロジェクトを立上げ確立したいと考えている。
 手始めに3DPで千羽鶴を各社分け合って製作し、コロナ終息を願って富士市役所様へ寄贈したいと検討しており賛同して頂ける企業様・団体様を募集する。
 3万円台のような安価な3DPであれば持ち運びも可能な為、好きな場所で製造が行え、製造業のリモートワークが可能となる。将来的には富士市から世界へ製造業の未来を変えていければと考えている。
KPI
3DP千羽鶴プロジェクト協力企業数
KPI目標年
2030
KPI目標値
50
KPI単位

取組チェックシート

ダウンロード

リンク

コンタクトフォーム

    お問い合せ先(自動入力)

    お名前

    富士市SDGs未来都市行動宣言番号

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ内容

    上記の内容でよろしければ下記のボタンへチェックを入れて送信してください。


    MENU