プロジェクト

来庁者に向けたPRプロジェクト

  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

概要

 富士市庁舎2階市民ホールのスペースを有効活用するために、横断幕を掲載するための電動バトンを設置し、より多くの市民に富士市がSDGs未来都市であることの周知や現在の取組等をPRできる環境を実現します。
 また、番号表示用ディスプレイの間にデジタルサイネージを設置することで、市民の注目を集めやすい場所で、よりタイムリーな情報発信をします。
 
 写真上は設置後、下は設置前です。
 なお、このプロジェクトにかかる経費は長田広告株式会社がコミュニティ広告収入で賄っており、富士市はデジタルサイネージ設置に伴う庁舎の利用料や光熱費を収入として受け取ります。

プロジェクト計画

令和4年(2022年)
  10月26日から11月30日まで 一般公募型プロポーザルによる優先交渉権者決定
令和5年(2023年)
  5月 1日 掲示開始予定

プロジェクト目標

SDGsをはじめとする市の取り組みアピール

プロジェクト状況

令和4年(2022年)
 10月26日 一般公募型プロポーザルによる提案募集開始
 11月30日 優先交渉権者決定
 12月 7日 協議開始
令和5年(2023年)
  3月 9日 協議完了・協定締結
  5月 1日 掲示開始

実施者

富士市企画課
長田広告株式会社

連絡先

富士市企画課SDGs推進室

MENU